抗うつ剤で太らないためにできること

抗うつ剤を使うと太るとされていることから、多くの人が処方を断ることが多いです。ただしやり方によっては、太らないようにし、治療を行うことも可能です。太らないための抗うつ剤に関する知識を補うことをおすすめします。

医薬品によっては太ることもある

医薬品の種類によっては、太ることがあります。特に抗ヒスタミン成分が配合されている医薬品は、その傾向が強いです。ヒスタミンには食欲を抑制する働きがあり、それを抑えることになりますので、余計食べたくなってしまいます。また抗うつ剤としてよく使われるセロトニンは、代謝抑制が強いことから、カロリーの消費が落ち、太りやすい体質になることがあります。

すべて医薬品の原因ではない

ただすべて医薬品のせいではありません。うつ病の方は食欲に関して不安定になることが多いです。食欲がまったくない人もいますが、過食気味になってしまい、そこから太ることあります。また活力を失うことから、それでカロリー消費が落ち、太りやすい体質になることも指摘されています。

体重とカロリーの管理を

抗うつ剤を服用したら、まず体重の管理はしっかり行いましょう。太る傾向が見え始めたら、カロリー制限を行いましょう。基本である摂取カロリーを抑えて、消費してください。体を動かすことは、うつ病の方でも効果的ですので、気分が良いときは外に出て体を動かすようにしましょう。

工夫をすることで太らない服用が可能

医薬品が問題であれば、切り替えることによって太りにくくすることも可能です。特にサインバルタは太りにくい抗うつ剤として知られています。ただし太るからといって、自分の判断で服用をやめてはいけません。医薬品は医師の指示通りに服用する必要がありますので、個人の判断ではやめないようにしましょう。

関連する記事