サインバルタは太りにくいってほんと?

他の抗うつ剤よりも副作用が少なく、それでも効果が高いことでサインバルタが注目を集めていますが、それだけではなく太りにくい特徴を持っています。抗うつ剤を服用する人で、嫌う副作用の体重増加を効果的に防ぐことができる医薬品です。

サインバルタはなぜ太らない?

いろんな効果を持っているのが抗うつ剤です。太るメカニズムというのはいろいろとあり、そのなかでもヒスタミンやセロトニンは代表的な成分となります。たとえばヒスタミンは満腹中枢を刺激することで食欲を抑制します。抗ヒスタミン成分が含まれていると、それを抑制し食べ過ぎに繋がります。

セロトニンは不安を取り除きリラックスする効果がありますが、その分代謝が落ちてしまいます。身体の活動を抑制してしまい、そうすることで消費カロリーが摂取に追いつかず、太りやすい体質となります。

しかしサインバルタはノルアドレナリンを増やす効果があり、それこそが太りにくい身体になっています。この成分は活動的になりますので、それだけ消費カロリーが減りやすくなり、そうすることによって太りにくくなります。

すべての人に効果的になるわけではない

ただうつ病の患者さんすべてにサインバルタが処方できるわけではありません。うつ病患者さんのなかでも焦ってしまう人もいますが、サインバルタの活動的になる効果のために逆効果になることも。よって太りにくいサインバルタを処方できないケースもあります。

医師と相談して切り替えを

体重をコントロールできない場合は、まず医師と相談をしましょう。そうすることによって、医薬品を切り替えることができるかもしれません。ただ太るからといった理由で、勝手に服用をやめるのは禁物です。

関連する記事

    None Found