食事を見直すだけでも太ることを避けられる

抗うつ剤は太りやすい特徴があり、これを嫌うことから服用を拒否する人もいます。治療がうまくいっているのに、太る副作用で服用をやめてしまい、悪化してしまうことも。副作用のひとつになりますが、工夫をすることで体重増加を抑制することもできます。

食事を見直そう

サインバルタのように太りにくい抗うつ剤もありますが、症状によっては別の医薬品を判断する医師もいますので、そう簡単に医薬品の切り替えができないケースもあります。そんな事情もありますので、自分で管理することをおすすめします。そのひとつとして食事を見直すだけでも、抗うつ剤の体重増加を防ぐことが可能です。

過度なダイエットは禁物

糖質制限が流行し、炭水化物を避けるダイエットに関心をもつうつ病患者さんもいますが、過度な管理はやめましょう。糖質は身体を活動的にするために欠かせない成分です。それを避けるようになると、ただでさえ活動的ではない身体がいっそう動かなくなってしまいます。代謝が落ちることによって、太ることもうつ病患者さんの特徴になっていますので、過度な糖質制限などのダイエットは避けてください。あくまでもバランスが大切です。

摂取カロリーが消費を上回らないように

ダイエットや体重管理の基本を徹底しましょう。摂取カロリーが消費よりも上回らないようにするだけでも、体重増加を防ぐことができます。慣れるまで苦労することもありますが、無理をしない程度に基本を守ってください。

工夫をすることで体重増加を防げる

一番良いのはサインバルタのような太りにくい抗うつ剤に切り替える方法ですが、そう簡単ではない事情もあります。よって自分で工夫をして体重増加に向き合うことをおすすめします。

関連する記事