体重の問題は必ず医師と相談して取り組もう

抗うつ剤を服用することで、吐き気や胃腸障害、それに加えて性機能障害や眠気などの副作用に悩まされる人も多いです。そんな代表的な副作用に加えて、太ることも気になる症状になります。体重増加の悩みを持っている場合は、いろいろと考えずに、医師に相談をしましょう。

なぜ医師に相談することが大切?

どんな医薬品でも同じことを言えますが、特に抗うつ剤は自分の判断で服用を中断するのはとても危険です。落ち着いていた症状がまだぶり返すことも考えられ、そうなると悪化することになるでしょう。また予期せぬ事故が起きることも考えられます。離脱症状にも苦しむ患者さんもいますので、医師の管理下で服用することが大切であり、自分の判断でやめないようにしましょう。適切な対処をすることで、副作用を抑えることもできますので、まずは相談です。

環境も求められる

精神科や心療内科の先生は比較的優しい人が多いですが、高圧的な空気を持っている先生であれば、悩みを打ち明けられないことも考えられます。体重増加に関しても鼻で笑われるような医師であれば、なかなか相談しにくいはずです。相談することで医薬品を変えることによって、悩む副作用を解決できる手段となりますが、それにはクリニックの環境も求められます。

サインバルタは副作用が少ない抗うつ剤

とても副作用が少ないのがサインバルタの特徴です。抗うつ剤の特徴である副作用に苦しんでいる人は特にこの医薬品に切り替えることで、発症しなくなった人も多いことから、医薬品の切り替えで選択のひとつになるはずです。

世界では広く使われている医薬品

このような効果を持つサインバルタですが、高いのが最大のネックになっており、患者さんのことを考えて処方する医薬品に選ばない医師もいます。だからこそ相談から始めてください。

関連する記事